【転職すべき?】無料キャリア相談

転職と副業どっちが良い?キャリアにおけるメリット/デメリット&向いている人を徹底解説

転職•副業どっちが良い?キャリアにおけるメリット/デメリット&向いている人を徹底解説

お悩み
お悩み

転職と副業ってどっちが良いの?

一昔前は、キャリアアップ・キャリアチェンジと言えば「転職」が一般的でした。

しかし、現代の労働市場は多様化しており、キャリアの進路として「副業」が注目され始めています。

キャリアに悩む方は「転職」と「副業」どちらも視野に入れて検討すべきです。


一方、特に副業は比較的新しい選択肢のため、特徴を正しく理解し、冷静に比較検討することが重要です。

双方のメリットデメリットをしっかり理解した上で、自分にフィットした方法を見つけましょう。

この記事の内容

本記事では、転職と副業それぞれのメリットとデメリット向いている人をまとめました。

キャリアに悩み始めたら、キャリアコーチングサービスの利用がおすすめ。

近年、20代や30代を中心にキャリアアップのために利用する人が増えています。

転職だけではなく、フリーランスや副業、現職残留なども含め、中立的な立場から本当に叶えたいキャリアの実現に伴奏します。

中でも、「POSIWILL CAREER」は20代〜30代の相談実績No1。満足度はなんと92%です。

キャリアに悩み・モヤモヤがあるなら、無料相談だけでも受けてみてはいかがでしょうか。

初めてのキャリア相談なら
   POSIWILL CAREER!

無料相談はこちら

転職・副業どっち?
転職のメリット・デメリット

転職のデメリット

転職のデメリット
①不確実性のリスク

新しい職場(職場の文化、同僚との関係、仕事内容など)の全てを事前に理解することが難しく、実際に働き始めてから期待とのギャップに直面するリスクがあります。

転職活動の中で知れる範囲には限りがあるからです。

企業側も取り繕っている部分がありますので、実際にはその場で働いて見ないと分かりません。


そのため、転職先が期待通りでない可能性や、職場の文化に適応するのに苦労するリスクがあります。

転職先がフィットしない場合、再度の転職を検討せざるを得ないなど、キャリア設計にとって思わぬ落とし穴になります。

転職のデメリット
②心理的負荷

新しい職場の人間関係や業務への適応は自己成長に繋がりますが、その反面で精神的な負担となることがあります。

企業文化や仕事の進め方、人間関係など、初めての中で適応していく必要があるからです。

また、新しい職場での自分の役割やアイデンティティを見つけるのに苦労することがあります。


慣れてしまえば問題ないですが、職場に馴染むまでは、緊張感のある日々が続くでしょう。

また、新しい環境に馴染むのに時間がかかる人は、最初のうちはある程度の心労を覚悟しておく必要があるでしょう。

転職のデメリット
③転職活動の負荷

転職活動自体に時間と労力がかかるといったデメリットもあります。

  • 履歴書の準備
  • エントリー
  • 企業研究
  • 面接のスケジューリング

など、多くの負荷がかかります。

特に、仕事をしながら転職活動をする場合は、業務後にこれらの活動をする必要があり、体力・精神的にも負荷が高いです


一方、最近では、転職活動を効率的に行えるサービスも増えてきています。

こういったサービスをうまく活用することで、この転職活動の負荷を軽減し効率的に進めることができます。


オススメは、ChatGPTを搭載した次世代転職アプリ「Hello Boss」です。

リリース1ヶ月で、ユーザー数は一万人を突破。
あの本田圭佑氏も出資する今注目のアプリです。

Hello Bossの特徴(一例)
  • ChatGPTが自己PRを秒で自動生成
  • 企業の採用担当者からダイレクトスカウトが来る
  • 「Hello」から始まる気軽なチャットで企業側担当者の人柄がわかる
  • 国内企業最大520万社の企業データベースが無料公開
  • 履歴作成~採用までアプリ1つで完結

これまで時間のかかっていた企業研究や自己PR作成を効率良く進められます。

最先端アプリHello Bossを活用して、転職活動を優位に進めましょう。

こちらから無料ダウンロード!

HelloBoss
HelloBoss
開発元:NGA LTD.
無料
posted withアプリーチ

転職のメリット

転職のメリット
①環境や人間関係をガラッと変えられる

転職は勤務する企業を変えるため、働く環境や人間関係をガラッと変えられます。

  • 職場の人間関係に悩んでいる
  • 思い切って、新しい場でチャレンジしたい
  • いろんな人と関わり、刺激を受けたい

といった方には、とても大きいメリットと言えます。


また、新しい環境や人間関係に身を置くことは、日々の思考や・生活に大きく影響します。

慣れた環境で気の知れた人たちと働くのとは全く異なるエネルギーを使うため、自己成長にも繋がるでしょう。

転職のメリット
②キャリアアップに繋がる

転職によって新しい職種や業界への挑戦することは、キャリアアップに繋がります。

また、同じ職種・業界に転職する場合でも、一緒に働く人が異なれば、得られるスキルもまた変わってきます。

いずれの場合も、新しい企業での経験は、異なる視点を提供し、より多角的な問題解決能力を培うことができます。


転職は、自分が進みたいキャリアパスに沿って動くための大きなきっかけです。

あなたの目指す長期的なキャリアの目標に合わせて選択が可能です。

転職のメリット
③働き方・条件を改善できる

自分に合った企業に転職をすることで、待遇や福利厚生、労働環境を改善できます。

例えば、転職によって

  • テレワークが可能となり、家事・育児との両立ができるようになった
  • 前職よりも収入が100万円アップした
  • 休暇が取りやすくなった

などが挙げられるでしょう。

より柔軟な勤務形態や、仕事と私生活のバランスを取りやすい環境を選ぶことが可能になります。

これにより、生活の質の向上を図ることができるでしょう。

転職・副業どっち?
副業のメリット・デメリット

副業のデメリット

副業のデメリット
①体力面や時間管理が難しいことも

本業と副業の両立は、体力面や時間管理が難しくなる場合があります

本業以外のプライベートタイムや休息時間で副業をする必要があるからです。

特に副業を始めたてで成果が出ていないうちは、人によっては疲労やストレスを感じることがあります。


疲労やストレスを極力感じないようにするためには、副業をする目的・目標をしっかり定めることが重要です。

中長期的な夢や目標に向かうプロセスと位置付けることで、前向きな気持ちで取り組むことができます。

副業のデメリット
②短期では成果が出にくい

短期で収入を増やしたり、働き方を変えたいという人には、副業は不向きです。

副業で成功するには、中長期でコツコツ継続することが必要だからです。


私たちの場合も、副業を始めて半年を過ぎたあたりで始めて収入を得ることができ、軌道に乗るまでには1年以上かかりました。

「副業」=「新たにビジネスを立ち上げる」ことを意味するので、芽がでるまでにそれなりの時間がかかることは認識の上、検討をすべきです。


そういった背景もあるので、副業をするなら

  • お金を稼ぐプロセスも含めて楽しめるもの
  • 興味があるもの

を選びましょう。

副業自体が苦痛になっていては継続が難しく、なかなか成果は出せません。


なお、アンケートモニターのような単純作業系の副業はすぐに報酬を得られますが、誰でもできる作業なので報酬は低く、大きくスケールすることはできません。

副業のデメリット
③思うように成果が出るとは限らない

副業は完全成果報酬型なので、ビジネスが軌道に乗らず思うように収入が得られないリスクもあります。

「中長期的な成果を狙って粘り強く取り組んだが、結果的に成果が出なかった…」なんて可能性もゼロではありません。


一方、世の中にはSNSや本などで副業のノウハウを発信している人が一定数います。

そういった先人達の知見を頼ることで、そういった失敗をするリスクはある程度回避することができます。

自身のスキルも鑑みた上で、いかに“稼げる”副業をするかが大事です。

副業のメリット

副業のメリット
①スモールスタートが可能

副業をするということは、本業を続けながら個人で新しいビジネスを始めるということです。

本業の方で生活の基盤は確保しつつ、スモールスタートで手軽にチャレンジすることができます。

また、本業の環境面や人間関係を維持しつつ始められるため、生活がガラッと変わってしまうリスクも抑えられます。


大きなリスクを負うことなく、小規模から新たなビジネスやスキルを試すことが可能です。

最初のうちは初期投資がかからない副業をすることで、金銭面のリスクも回避できます。

副業のメリット
②収入源を増やせる

本業以外の収入源を持つことで、複数の収入源が生まれます。

一つの仕事への依存を減らすことができ、経済的な安定性が高まります


例えば、コロナ影響により、飲食業界や旅行業界ではボーナスや収入が激減したというニュースは、記憶に新しいでしょう。

そこまで極端でなくとも、将来的に業績が右肩下がりになるリスクは、どの企業でもゼロではありません。


そういった際にも副業である程度の収入源を作れていれば、生涯にわたる本当の意味での安定を手にすることができます。

特に、昨今の不確実性が高い時代においては重要な考え方です。

副業のメリット
③新たなスキルを獲得できる

副業を通じて、新たなスキルを獲得することができます。

これにより、スキルの柔軟性が増し、将来の職業・キャリア選択の幅が広がります


副業では、

  • 純粋にやってみたいこと
  • 興味があること

に挑戦することができます。

本業に関係のないことにチャレンジをして、長期的には副業を本業にすることも不可能ではないです。

また、副業で培ったスキルと本業を掛け算的に掛け合わせることもできます。


また、副業をすることでポータブルスキルを磨くことができます。

副業はサラリーマンと違い、自分で考え行動した結果が、ダイレクトに成果に跳ね返ってきます。

成果を出すためには、主体性や論理的思考、行動力といったスキルが不可欠です。

副業にチャレンジすることでこういったスキルが育まれ、本業においても重宝される存在になることは間違いないです。

転職・副業どっちが向いてる?

point

上記に書いた通り、転職と副業はどちらもそれぞれメリット・デメリットがあります。

自分がどちらが向いているか?という点については、

  • キャリア目標
  • ライフスタイル
  • スキルセット
  • 現在の職務内容

などを総合的に考慮して検討することが重要です。

短期的に新たなチャレンジをするなら転職

下記に当てはまる方は、転職が向いているでしょう。

  • 今すぐに、働く環境を大きく変えてチャレンジしたい人
  • 新しい環境や仕事に迅速に適応できる人
  • 今の職場の環境や文化に満足しておらず、新たな職場で新しい挑戦をしたい人
  • 人間関係や業務内容の変化を求める人
  • 将来的なキャリアの目標が明確で、そのために転職が必要と感じている人

現代は人材の流動性も高まっており、転職は短期でキャリアチェンジや労働環境の改善を行うのに有用な選択肢です。

転職エージェントなど転職の背中を押してくれるサービスも充実しています。

中長期でチャレンジをするなら副業

下記に当てはまる方は、副業が向いているでしょう。

  • 自分でビジネスを管理し、意思決定を行うことに興味がある人
  • スモールスタートで新しい分野にチャレンジしたい人
  • 本業にはある程度納得しているが、何か物足りない人
  • 本業は変えたくないが、収入を増やしたい人
  • 将来的にはフリーランスや独立をしたい人

ビジネスが軌道に乗れば、サラリーマン生活では得られない自由度や収入を得られる可能性があります。

時間をかけて取り組むほど成果が出るため、始めるのであれば早いうちがオススメです。

悩んだらキャリアコーチングがオススメ

転職を選択するか、副業を選択するかは、あなたの人生にとって大きな決断となります。

後悔しないキャリアを歩むためにも、キャリアのプロに相談することも一つの方法です。


近年、下記のような悩みを持つ20代や30代を中心に、キャリアコーチングを利用する人が増えています。

「キャリアに漠然とした不安を感じている」
「自分の強みや市場価値が分からない
「今後のキャリアをそろそろ本気で考えないとな…」

キャリアコーチングサービスは、転職だけではなく、フリーランスや副業、現職残留なども含め、中立的な立場から本当に叶えたいキャリアの実現に伴走してくれるサービスです。


中でも、「POSIWILL CAREER」は、国内で初めてキャリアコーチング事業を設立したパイオニア。

20代〜30代相談実績No.1。満足度はなんと92%です。

今なら、オンラインで無料カウンセリングを受けれます。

カリキュラムなどの詳細は下記から確認してみてください。

初めてのキャリア相談なら
    POSIWILL CAREER!

無料キャリア相談はこちら

POSIWILL CAREER以外にもオススメのキャリアコーチングサービスは下記にまとめています。

1回1,000円〜など、安価で手軽にキャリア相談できるサービスもあります。

【20代にオススメのキャリアコーチング5選】転職すべき?とキャリアに悩み始めたら、まずココに相談しよう! 【20代にオススメのキャリアコーチング5選】転職すべき?将来が不安…|キャリアの悩みはプロに相談しよう!

転職・副業どっち?
まとめ

今回は、転職・副業どっち?というテーマで、それぞれのメリット・デメリットや向いている人をまとめました。

この記事のまとめ

転職と副業はどちらも有効なキャリアの選択肢です。

一方、個々の目標、スキル、ライフスタイル、またはタイミングによって、どちらが適するかは様々です。

自分自身の状況を慎重に評価し、最適な選択をしましょう。

悩んだ時はキャリアコーチに客観的なアドバイスを求めるのも良いでしょう。

初めてのキャリア相談なら
    POSIWILL CAREER!

無料キャリア相談はこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA