【転職すべき?】無料キャリア相談

SIer営業のやりがい5選!新卒から5年働いて分かったSIer営業の魅力【実体験】

SIer(エスアイヤー)営業のやりがい・魅力5選 現役SIer営業が解説

疑問
疑問

SIer営業の求人を見かけるけど、やりがいのある仕事なの?

下記のようなネガティブなネット情報から、SIer営業のやりがいに疑問を持っている方も少なくないと思います。

  • 「SIerはオワコンなの?」
  • 「SIer営業はいらないって聞いたことあるけど…」
  • 「イマドキはWeb系?」

SIer営業は、世間一般でイメージする「営業」とは役割や動き方が異なる点があり、実際にやってみないと分からない部分が多いです。

この記事の内容
  • 現役SIer営業の筆者が、実際に感じているSIer営業としてのやりがいをご紹介します。

SIer営業への転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人 キャリア夫婦

キャリアに悩み始めたら、キャリアコーチングサービスの利用がおすすめ。

近年、20代や30代を中心にキャリアアップのために利用する人が増えています。

転職だけではなく、フリーランスや副業、現職残留なども含め、中立的な立場から本当に叶えたいキャリアの実現に伴奏します。

中でも、「POSIWILL CAREER」は20代〜30代の相談実績No1。満足度はなんと92%です。

キャリアに悩み・モヤモヤがあるなら、無料相談だけでも受けてみてはいかがでしょうか。

初めてのキャリア相談なら
   POSIWILL CAREER!

無料相談はこちら

SIer営業の仕事のやりがい5選

SIer営業の仕事のやりがい①
案件受注

一番のやりがいは、やはり案件受注です。

SIer業界における提案活動は、

  • 営業・SEでチームとして提案する
  • 提案が長期に渡ることが多い
  • 金額が大きい

という特徴があるため、特に提案活動へのチームの想いや苦労が大きく、受注できた時の喜びは特に大きいです。

筆者の実体験

以前担当した提案で、お客様側の比較検討に時間がかかり、かれこれ1年以上提案をし続けていた案件がありました。

その間、営業としてはあの手この手で訪問し、状況確認や最後の一押しを試みました。何かと理由をつけて訪問していました。

多くの苦労がありましたが、その分、受注連絡をもらった時はたまらなく嬉しかったです。

SIer営業の仕事のやりがい②
営業リードの案件獲得

SIerのビジネスモデルは、やや独特で、営業が何もしなくても売り上げが上がっていくことが普通にあります。

既に取引のあるお客様にはSEが張り付いているので、SE宛に追加開発の相談がくるためです。

ただ、それはあくまで既存領域なので、毎年少しずつでも新規領域を獲得しないと、ビジネスが細っていきます

そこで、営業リードで新規領域を広げるための活動をします。
新規取引の最初の芽を見つけてくるのは、SIer営業に期待される最も重要な役割です。

営業が、今は取引のない部署にも顔を出し、何かの際に相談をもらえる関係性を作るのです。

このような営業ならではの動きの中で、新規案件の相談をもらえた時は、とてもやりがいを感じます。

SIer夫
SIer夫

実態として、このような動きを取れると、社内からも評価されるよ!

筆者の実体験

とある新規顧客向けの提案を失注し、社内ではその顧客に対する諦めムードが漂っていました。

しかし営業の私は、そのお客様に対する可能性を諦めず、失注後も通い続け、関係性を構築していきました。
1年ぐらい経った頃、お客様の事業課題をヒアリングすることに成功し、少額ではありますが、提案&受注することができました。

そのプロジェクトは非常に上手くいき、今ではまとまった額の取引に発展しています。

SIer営業の仕事のやりがい③
コンサル・企画的な役割

コンサルのような動きができている時は、とてもやりがいを感じます。

SIer営業は「営業」と言っても、販売する商材が限定されないため、その活動内容は多岐に渡ります。

仕事の進め方次第では、企画コンサルとしての仕事をすることもできます。

お客様のフワッとした課題に対して、自社のリソースやノウハウを最大限活用して、営業主体で仮説立案や顧客へのプレゼンなどを行います。

筆者の実体験

特に、最近はWeb3.0やメタバースなど、世の中のどんどん潮流が変わっており、お客様からご相談をいただくことが多いです。

そういった新規領域には、社内にも第一人者がいないので、相談をもらった営業自身が、本や論文などで勉強をし、企画提案をします。

正直、他の案件も複数抱える中で、リサーチや資料作りは結構しんどいですが、手間をかけた分、お客様には喜んでもらえることが多いです。

SIer営業の仕事のやりがい④
戦略的な営業スタイル

SIerの顧客である「法人」には組織としての課題・計画があり、役席者を中心とした組織的な意思決定がなされます。

その中で、SIer営業に求められるのは「がむしゃらさ」ではなく「戦略」です。

具体的には、営業は予算目標を達成するための戦略(活動計画)を策定し、それをもとに活動していきます。

もちろん計画通りに行かないことも多いのですが、自分の戦略通りに物事が運んだ時の喜びがとても大きいです。

筆者の実体験

期毎に、売上目標と、それを達成するための行動目標を策定します。目標・計画を可視化することで、自身の日々の仕事の指針となります。

目標達成した時にも、たまたま達成できたのと戦略性を持って達成できたのでは、今後の再現性が変わっています。
戦略性を持って達成できた場合は、今後もできるという自分の自信にも繋がります。

SIer営業の仕事のやりがい⑤
社内の信頼関係構築

最後に社内の話ですが、SIer営業は基本的に1人で仕事をすることは少なく、SEや企画部門の人と連携して、チームで仕事を進めます。

仕事を進める上で、社内からの信頼は顧客から信頼を得るのと同じぐらい重要です。任せてもらえる仕事内容も変わってきます。

一緒に仕事を進めていく中で、ベテランSEなどから認めてもらえたなと思える瞬間があると、とても嬉しいです

SIer営業は様々な人と関わって仕事を進める分、苦労もありますが、その中から信頼関係を築いていけるのも、やりがいの一つです。

筆者の実体験

特にSIer業界は、年齢層が高いので、年上の方と一緒に仕事をする場面が多いです。

付き合いのない人と仕事をする際に、よく品定めに会います。(私がそう感じているだけかもですが)

ですが、しばらく付き合っていくと不思議と仕事のリズムが合っていき、同じ方向を見て仕事をすることができます。

キャリアに悩むあなたへ

  • 「自分の強みや市場価値が分からない
  • 「キャリアに漠然とした不安を感じている」
  • 「今後のキャリアをそろそろ本気で考えないとな…」

そういった悩みを抱えつつ、一人で悶々としていませんか?

近年、20代や30代を中心に、キャリアアップのためにキャリアコーチングを利用する人が増えています。

転職だけではなく、フリーランスや副業、現職残留なども含め、中立的な立場から本当に叶えたいキャリアの実現に伴走してくれるサービスです。

中でも、「POSIWILL CAREER」は、国内で初めてキャリアコーチング事業を設立したパイオニア。

20代〜30代相談実績No.1。満足度はなんと92%です。

  • 初めて転職活動をされる方
  • 年収を上げたい方
  • 若いうちに理想のキャリアや働き方を築きたい方

に多く選ばれています。

実際にポジウィルで理想のキャリアを実現した方の口コミを紹介します。


キャリア形成は、タイミングが重要。

悩み始めた今こそ、キャリアと真剣に向き合うチャンスです。

キャリアに悩み・モヤモヤがあるなら、無料相談だけでも受けてみてはいかがでしょうか。

初めてのキャリア相談なら
    POSIWILL CAREER!

無料相談はこちら

POSIWILL CAREER以外にもオススメのキャリアコーチングサービスは下記にまとめています。

1回1,000円〜など、安価で手軽にキャリア相談できるサービスもあります。

【20代にオススメのキャリアコーチング5選】転職すべき?とキャリアに悩み始めたら、まずココに相談しよう! 【20代にオススメのキャリアコーチング6選】自分に向いてないのでは?転職すべき?キャリアの可能性を見つけよう!

SIer営業の仕事のやりがい5選
まとめ

この記事では、現役SIer営業の私が、SIer営業のやりがいをご紹介しました。

この記事のまとめ

SIer営業は、自分の働き方次第で大きなやりがいを感じられる仕事です。

社内外含めて関わる人が多く、仕事内容も多岐に渡るため、大変なことも多いですが、その分得られる喜びが大きいです。

SIer営業の仕事内容をもっと詳しく知りたいという方は、下記の記事をご覧ください。

SIer営業の仕事内容を現役SIer営業が解説|営業の役割は提案だけではない

SIer営業の将来性が気になる方は、下記の記事をご覧ください。

SIer営業っていらない? SIer営業は将来性なし?いらないと言われる理由を3つのケースで紹介

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA